天然セラミドの特徴や効果

subpage01

天然セラミドとは、ビオセラミド、セレブロシドとも呼ばれていて、動物の脳や脊髄から抽出したセラミドのことをいいます。

特徴として、動物由来のため人間の角質層の細胞脂質と近いので、保湿に優れています。

アトピー性皮膚炎のかたや肌が敏感のかたに適しています。



なぜなら、壊れたバリア機能を改善したり、肌荒れを改善する力が天然セラミドにはあります。


天然セラミドが含まれている化粧品がいろいろ売られていますが、選ぶポイントとしてはセラミドの配合量、テクスチャー、化粧品の原料としてはとても効果なもので、効果が分かる程度の配合量ですと金額もそれなりに高くなってしまいます。

また、水性成分ではないので、乳液やクリーム、どろっとしているテクスチャーなどが多くなっています。

天然とつくと、それだけで安心、安全のような感じがしますが、天然セラミド自体には害はなくても、化粧品にはいろいろな原料が使われていることに注意する必要があります。

朝日新聞デジタルについての情報をまとめたサイトです。

特にアトピー性皮膚炎のかたや敏感肌のかたは、防腐剤などに反応する場合があります。

化粧品を使用する前にはパッチテストをするようにしましょう。



次にセラミドの角質層での働き、保湿成分には水分んを間に挟み込むタイプ、水分を吸収するタイプ、水分を抱え込むタイプがあります。もし、セラミドが不足してしまったら水分を挟み込む働きをする細胞間脂質が十分に水分を保てなくなってしまい肌が乾燥します。

肌の保湿だけでなく肌の健康を保つ意味でも大きな役割があります。